PRの新しいツール

人々 未分類

PRの方法は、日々一刻変わっていきます。例えば、少し前まではPRと言えばメディア一辺倒でした。テレビに出演する、雑誌や新聞に取り上げられるということがPRの1つの成果でもありました。さて、今はどうでしょうか?

スポンサーリンク

PR=メディア出演、掲載?

新聞やテレビの若者離れが伝えられていますが、まだ大手メディアの影響力は社会的に絶大です。テレビ番組に取り上げられた商品が、その後店頭から姿を消すくらいの勢いで売れるというのは皆さんもご存知だと思います。

ところがメディアに取り上げられれば、売上に繋がるかというと、必ずしもそうではありません。販売する商品やターゲットにもよるでしょう。10代向けの商品が紙媒体の新聞で取り上げられても、新聞を読む10代は多くはないので販促には繋がりにくいです。

インフルエンサーがPR

メディア掲載だけをひたすら追いかけていた時代は終結しています。インスタグラムやTwitter、ブログ、Youtubeで人気のインフルエンサーにアプローチし、商品やサービスを宣伝してもらう、というPRの手段も流行しました。

自社メディアでPR

今のPRの流れは、メディア一辺倒ではなく、インフルエンサー頼みでもありません。

自社のメディアを活用してファンを作り、増やしていくことが重要です。HP、Facebook、Twitter、インスタグラムなどのSNSで情報を自ら発信することが当たり前になってきました。

もちろん、大手メディアの露出も狙いつつ、です。自社のメディアの良い点は、伝えたいことがそのまま伝えられる点です。メディアへ掲載、出演されると認知は一気に上がりますが、記者やテレビ関係者が伝えたいように伝えられるため、自社の想いやコンセプトとは離れてしまうかもしれない、というデメリットがあるのです。その点自社メディアではしっかりとコントロールできます。

そして今、メディアでもインフルエンサーでも、自社メディアでもない、もう1つのPR方法が今注目されています。

新しいPR手段!クラウドファンディング

クラウドファンディングをご存知ですか?Makuake、READYFORなど様々なプラットフォームがあります。これから先も国内、国外を問わず新しいプラットフォームがどんどんできることでしょう。

クラウドファンディングとPR、どう関係があるの?と思われるかもしれません。多くの場合、クラウドファンディングは資金調達の手段だと思われているからです。実は、クラウドファンディングの目的は資金調達のみではありません。新商品のテストマーケティングや、宣伝にも大いに役立ちます。

多くの人の目に留まるWeb上のページに、商品やサービスについて思う存分書けるスペースが与えられるのが、クラウドファンディングのメリットの1つ。見てくれる人をあなたが集める必要がないのは、自社メディアを育てるより簡単だと思いませんか?

さらなるメリットは、クラウドファンディングにチャレンジすることをネタに、メディア掲載を狙える、という点です。新しい話題として、プレスリリースを打ち、メディアにアプローチして取り上げられれば、会社、事業、サービス、商品の認知に繋がり、クラウドファンディングの支援も増加します。

クラウドファンディングをPRの手段の1つとして、利用してみるのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました